2次元は世界を救う

サブカルチャー/ライトノベル関連/アニメ、音楽、一般小説、の感想レビュー/たまに野球など気ままにやっていきます。

【無職転生 〜異世界行ったら本気だす〜】第2話 感想

今回は『無職転生 〜異世界行ったら本気だす〜』第2話の感想です。

なろうの最終兵器とも呼ばれた今作品。

第1話は素晴らしいアニメーションで完璧な仕上がりを見せてくれました。

ますます期待が高まる注目の第2話、振り返っていきます。

 

※この記事はネタバレを含みます。

 

f:id:subculhassin:20210118013553j:plain

©理不尽な孫の手/MFブックス/「無職転生」製作委員会

目次

第2話あらすじ

《師匠》

 

3歳という幼さで魔術の才を見せたルーデウスに、家庭教師が付くことになった。不愛想でジト目のロリっ娘なロキシー師匠による魔術の授業で、めきめきと成長するルーデウス。そして月日が流れ、ルーデウスロキシーにある試験を課される。しかし、その試験のためにはルーデウスは前世のトラウマを乗り越える必要があった。

 

©理不尽な孫の手/MFブックス/「無職転生」製作委員会

 

転生に至るまで

両親の葬式には一つの空席が。

喪服姿の兄弟姉妹に部屋に乱入され、家から追い出される主人公。老けてんなぁ。

出てけクズニート!!

ギリギリを攻めてますね~。

これただのエロ動画見てたわけじゃないんですよ、そりゃキレるわって思います(詳しくはなろうへ)。

 

行くあてもなくふらふら歩いていると言い争う高校生3人。

赤信号、しかしそこに突っ込むトラック。

それを助けようとして轢かれてしまう。

どれほどのクズでも最期くらいは…という思いがある。嫌いになれないところですよね。

 

夢から覚め、親のアレを茶化しにいこうとするルディ。

そこでなんとロキシーさん?!

まさか開幕2分で2人のオ〇ニーを観るとは思いませんでした(笑)

 

ロキシー師匠との日々

流れるように月日は進んでいきます。

ロキシーが来て半年。

中級までの攻撃魔術をあっさりと習得する。

夜の座学、パンツガン見すな。

忌み嫌われている緑髪のスペルド族の話を聞く。

光の加減で緑に見えなくもないロキシーの髪。

魔族も大変だ。

エロゲースキルが意外に有効なロキシー、ちょろい。

 

ロキシーが来て1年。

魔術の授業は順調、剣術の方はイマイチ。

 

ロキシーが来て1年半。

ルディ5歳の誕生日パーティー

美味そう……飯テロだぁ。

誕生日を祝われる喜びを久々に感じるルディ。

ニートに限らず歳とるとそうだよね~。

パウロからのプレゼントは剣、ゼニスからは本、ロキシーからはロッド。

謙虚に受け取るルディ。

ほんとロキシーの笑顔が愛おしい……。

 

前世のトラウマと向き合う時

外を見るとすぐにでも蘇るあの日の記憶。

全裸で校門に磔にされ、写真を撮られバラまかれた。

気づいたら不登校になり引きこもっていた。

外にはあの絶望が待っている。

 

それは転生しても変わらない。

これをしっかり描写するのは流石ですね。

本来当たり前なんですけど今までこれを出来る作品は少なかったです。

 

馬が怖いんじゃない、外が怖い。

かつての記憶がフラッシュバックする。

こっちを見るな、いや、俺じゃない。みんな、ロキシーを見ていた。

ロキシーはこの2年で村に馴染んでいた。髪で偏見を持たれていただろうに。

彼女がとても頼もしく見えた。

俺は何を恐れていたんだ。と思い始めるルディ。

ロキシーによって外を克服する第一歩を踏み出したのだった。

 

ロキシーとの別れ

そして大きな草原にたどり着き、卒業試験。

ここはもう完全にアニメーションの暴力。

嵐の再現性高すぎるでしょ。

 

翌日、身支度を整え家を出ていくロキシー

卒業祝いにミグルド族のお守りを貰う。

ロキシーの背中を追いかけお礼を言うルディ。

彼女が外に連れ出してくれた。

尊敬しようと心に誓うのだった。

 

まとめ

オチ以外は完璧な第2話でした。

と思ったらじゃないよ!!私の涙返して(笑)

まぁでも本当に気合入ってますね制作陣。

構成も新規ファンをなるべく離さないように工夫が所々になされており、どこまでも丁寧に作られています。

EDの作画も綺麗すぎ。

ただロキシーが暫く出てこなさそうなのがちょっと寂しいですね。

 

 

<参考文献・関連リンク>

mushokutensei.jp

 

 

<『無職転生』を観るなら>

dアニメストア

U-NEXT

 

 

<BD第1巻はこちら>

 

【ひぐらしのなく頃に業】第15話 感想

今回は『ひぐらしのなく頃に業』第15話の感想です。

羽入を失った梨花ちゃんがあと5回だけ頑張ると決めた前回。

不穏な予感しかしませんでしたが案の定……。

軽くトラウマになる回かもしれません。

 

※この記事はネタバレを含みます。

 

f:id:subculhassin:20210115021928j:plain

©2020竜騎士07ひぐらしのなく頃に製作委員会

目次

第15話あらすじ

猫騙し編 其の弐》

 

あと5回だけ、惨劇の運命に立ち向かうことを決めた梨花
次の世界で、部活のメンバーとともに興宮のおもちゃ屋を訪れた梨花は、懐かしい人物との再会を果たす。

 

©2020竜騎士07ひぐらしのなく頃に製作委員会

 

ネタバレ感想

今週は端折って書かせていただきます。

最近少し立て込んでおりまして……(あまり見返したくないというのもある)。

 
1983年(昭和58年)6月13日(月)12時41分

テレビ画面での日付表示。前回でもありましたね。

圭一は魅音たちから綿流し実行委員の仕事、叩き売りオークションの司会を頼まれる。

かつてゲーム大会の会場になった店に行き物品を貰いに行く。

偶然大石と出くわし、燕返しを披露してもらう。

そこで赤坂登場!!

と言っても私は初見なので分からないんですが、、、旧作ファンの反応を見ると救世主的な人物であったことが窺えます。

昭和53年6月19日

5年前に約束した梨花の願いを叶えるべく、雛見沢にやってきた様子。

イイ人なんだろうな……。

 

とはいかず、発症してしまいます。

それにしても切り替えの仕方よ……急すぎて心臓止まるよ?

梨花を人質に立てこもり、そのまま放火。

病気だと分かっていても人間不信になっちゃうね。

 

怒涛の惨殺ダイジェスト

1983年(昭和58年)6月15日(水)午後9時46分

園崎茜発症。日本刀を振り回し園崎家と梨花を殺害。


1983年(昭和58年)6月21日(火)午後1時39分

公由喜一郎発症。梨花ちゃんを縄で引きずり沼に沈め溺死させる。

本当に口臭いのかな。

 

1983年(昭和58年)6月13日(月)4時14分

圭一発症。エンジェルモートに立てこもり皆殺し。

沙都子はうつ伏せになってはいるけど出血が明らかに少ないし生きてそう。

 

まとめ

本当にグロすぎる、辛い第15話でした。

話によると地上波放送の方は黒塗り規制が掛かっていたようですね。

配信で観るんじゃなかった……気を付けてください(笑)

それにしてもあと5回とフラグを立てて翌週で一気に4回失敗するとは思わんでしょ……。マジでクソゲー、流石に驚きましたね。

これを無事に回収できるのか、希望の光は差すのか、全く読めません。

 

 

<参考文献・関連リンク>

higurashianime.com

 

 

<『ひぐらしのなく頃に業』を観るなら>

dアニメストア

U-NEXT

 

 

<BDはこちら>

 

【無職転生 〜異世界行ったら本気だす〜】第1話 感想

今回は『無職転生 〜異世界行ったら本気だす〜』第1話の感想です。

新作アニメのなかでは個人的に最も期待していた作品の一つであった『無職転生』。

PVの時点でもう察してはいましたが素晴らしい!!

早速内容に触れていきたいと思います。

 

※この記事はネタバレを含みます。

 

f:id:subculhassin:20210111011927j:plain

©理不尽な孫の手/MFブックス/「無職転生」製作委員会

目次

第1話あらすじ

無職転生

 

34歳・童貞・無職の引きこもりだった男は車に撥ねられ、その一生を終える……はずだった。しかし、男が次に目を覚ましたとき、そこは剣と魔法の異世界であった。少年・ルーデウスとして転生した男は考える、この世界ならば、自分も本気で生きていくことができるかもしれない……と。

 

©理不尽な孫の手/MFブックス/「無職転生」製作委員会

 

圧倒的cv杉田智和

白抜きテロップに救急車のサイレンから始まる不穏な幕開け。

もうこの構成から引き込まれます。

ただ起こっていることは典型的なトラックに轢かれての異世界転生なんですよね。

しかしそれを全く退屈にさせないのが杉田さんのモノローグ。

冷静なツッコミや解説がなんかわからないけど面白い。

まあもうこれ反則ですよね。独白やらせたら日本一ですもの。

 

34歳童貞無職引きこもりニート……という設定も相まってクズ発言(下ネタなど)が多いですね。

でも何故かそんなに気にならないんですよね~、私だけかな。

おい、でもパンツ被るのはやめろ(笑)

メイドさんに不審に思われてるぞ。

 

PVから続く繊細なアニメーション

もう観れば分かりますね。

異世界の風景描写、家の中の小道具、魔法のエフェクト演出。

どれをとっても素晴らしい。

実はこれを作っている制作会社のスタジオバインド。

なんとこの『無職転生』が初制作!!

まぁあのWHITE FOXが出資してますからね。

設立理由が『無職転生』を制作するためという……まさに本気だしてます。

 

またキャラデザがいいですよね。

ルーデウス(以下ルディ)の母親のゼニス。

20代前半とか言ってたな……若すぎる、メインヒロインでええやろ。

ルディが魔法を使うことができると分かった時の笑顔……守りたい。

 

続いて青髪美少女、ロキシー先生。

ジト目いいわ~、またCV小原好美さん。可愛い、最近良く見ますね~。

あんまり感情入ってないローテンションなのが良き。

エロゲ知識をあっさり正解にしてしまうチョロさもまた。

思いがけず、もてなされて喜ぶ姿がたまらない。

 

綺麗な掴みの第1話

話としてはロキシーに出会うところまで進みました。

私自身、原作は昔なろうで少し読んだだけでほとんど覚えていないので正確には分かりませんが、結構早いテンポで進んだのではないかと思います。

これが功を奏した感じがしますね。

膨大に長い超大作ですから正直序盤は比較的退屈な流れになると予想されるので、上手くカットを使いつつアニメならではの構成に期待したいですね。

後々、重要な転生前のシーンとかは回想で補正されてくるものだと思います。

 

なろう系のパイオニアとも言われる今作ですが、設定として主人公最強ではないところが逆に魅力かもしれません。

前世の記憶があるというハンデはあるにしろ、この1話でも見られたように独学で本を読み努力する。

前世がどれだけダメダメな人生だったとしても、本気でこの世界ならやり直せると決意して終わる引きも良かったかなと思います。

成長系が好きな方にはハマる作品になるのではないでしょうか。

 

まとめ

期待通りに仕上げてくれた文句なしの『無職転生』第1話でした。

何度も言いますけど杉田さんは強い!!これに尽きます。

やっぱりそうですね……。

全て読んでいないのでファンとも言えないかもしれませんが、昔から知っている作品がこれだけ綺麗に映像化されるっていうのは純粋に嬉しいですね。

このクオリティを2話以降も継続してくれることを期待しています。

 


<参考文献・関連リンク>

mushokutensei.jp

 

 

<『無職転生』を観るなら>

dアニメストア

U-NEXT

 

 

<漫画版はこちら>

【期間限定 無料お試し版】

 

【ひぐらしのなく頃に業】第14話 感想

今回は『ひぐらしのなく頃に業』第14話の感想です。

一週間空けての放送でしたが、なんだか久しぶりな感じがしませんでした。

前回が衝撃だったからかな(笑)

2クール目に突入したひぐらし、どんな展開が待ち受けているのでしょう。

 

※この記事はネタバレを含みます。

 

f:id:subculhassin:20210108164813j:plain

©2020竜騎士07ひぐらしのなく頃に製作委員会

目次

第14話あらすじ

猫騙し編 其の壱》


圭一たちの活躍で沙都子は叔父である鉄平の元から助け出された。
運命のサイコロに導かれる未来は、梨花が切望した結末へと向かっているかに思われたのだが……。


©2020竜騎士07ひぐらしのなく頃に製作委員会

 

大石発症・惨劇

サブタイは変わっていますが、このアバンでは祟騙し編の続き、真相が描かれています。

綿を川に流す魅音たち。

沙都子と圭一は二人で何してるんだろうと談笑する。

梨花ちゃんは一人、沙都子を救った世界なら死の運命も必ず打ち破れると信じている…と願いを込める。

 

飲み会する村のおじさんたち。

富竹を探す梨花ちゃん。そこに現れたのは血の付いた金属バットを引きずった大石蔵人

するといきなり梨花ちゃんの首を思いっきり絞める。

それを止めようとする大人たちを銃殺する大石。

いや~マジだったんですね……。

レナの言い方的にそのままこういう展開になるとは逆に思いませんでした。

首を掻きむしり始める。

目がヤバいし大石が発症するとこうなるのか……。

しかし園崎家ではなく、梨花に矛先が向いているのは何故なんでしょう。

更に拳銃をぶっ放し、詩音、魅音も殺される。

梨花ちゃんは諦め、大石にバットで殴り殺されてしまう。

レナの叫び、そこには沙都子の姿が……。

 

いきなり悲惨すぎるよ……1時間放送遅くなったのそういうことなの?(笑)

金属バットを持っていたことから圭一を襲ったのも大石説が考えられますね。

ただ未だに沙都子が怪しいんだよなぁ。

 

羽入完全消滅⁉

大石に殺され、再び異空間に戻った梨花ちゃん。

そこには第2話以来、久しぶりの登場・羽入。

羽入はこの世界に残っていた力を全て使い、梨花のループ時に記憶の一部を失うことが無くなったと説明する。

梨花なら大丈夫と繰り返す羽入。消えてしまう予兆。

100年ループを耐えてきた梨花ちゃんの叫び……。

最後に一つだけ、繰り返す者を殺す剣の在処を教えられる。

別れを告げる羽入、追いかける梨花

「あんたがいてくれたからなんとか100年を生きていられたのよ!あんたがいなくなったら!!いなくなったら…………」

辛すぎる……。想像することも出来ません。

 

みんなでかくれんぼ

1983年(昭和58年)6月12日(日)

再び新たな世界線に降り立つ梨花ちゃん。

怖い夢を見た、無理やり笑顔を見せるのがなんとも……。

羽入との会話を思い返し包丁を首に当てる。それだとループするだけだから…。

 

沙都子に押し切られ部活をするため学校に集まる一同。

詩音がいないことを確認する梨花ちゃん。

元気がない梨花がゲームを決めていいと言われ、かくれんぼを提案する。

便槽の中、神社、ごみ処理場……なんか色々あった場所やな。

日が落ちても見つからない梨花ちゃん。

圭一は帰ろうとするみんなを引き止め、見つかるまで探そうと言い出す。

村の中で見落としている場所、それはやはり、祭具殿。

立像の中に納められているはずの剣、そこには何もなかった……。

呆れ泣き笑う梨花ちゃんだったが、剣の破片を見つける。

自殺しようとまたも首に剣先を当てるも圭一たちが探す声を聞く。

もうちょっとだけ頑張ってみようと気力を取り戻す梨花ちゃん。

あと5回

だけ…………。

 

まとめ

ただただ梨花ちゃんが可哀想な第14話でした。

アバンからちょっと飛ばし過ぎですよね~。精神が持たない…。

唯一の理解者である羽入がいなくなり絶望する梨花ちゃん。

それでも最終的にあと5回やると言えるの、メンタル強すぎる。

前回まではほとんど圭一視点で話が進んでいましたが、今回は梨花ちゃん視点。来週以降もそうなりそうですね。

果たして運命はどう左右されるのか、救いはまだ先になりそうです。

 


<参考文献・関連リンク>

higurashianime.com

 

 

<『ひぐらしのなく頃に業』を観るなら>

dアニメストア

U-NEXT

 

 

<漫画版はこちら>

 

2021年冬アニメおすすめ3選

新年あけましておめでとうございます。

ご無沙汰しております。湊です。

いや~気づいたら年越してました(笑)

個人的にコミケがない影響か全く実感が湧きません。

旧年中に1年を振り返る記事も投稿したかったのですが中々時間が作れず……。

まあ何はともあれやってきました2021年。

今年も引き続きアニメ感想記事を中心に投稿していくのでよろしくお願い致します。

 

早速ですが今回は間もなく始まる冬アニメ(1月~3月)の個人的注目作品をピックアップして紹介していきたいと思います。

是非、参考にしていただければ幸いです。

 

目次

無職転生 〜異世界行ったら本気だす〜

f:id:subculhassin:20210102022127p:plain

©理不尽な孫の手/MFブックス/「無職転生」製作委員会

作品情報

原作 理不尽な孫の手

監督・シリーズ構成 岡本学

キャラクター原案 シロタカ

キャラクターデザイン 杉山和隆

アニメーション制作 スタジオバインド

 

ひとこと

個人的大本命作品。なろう界の大御所・『無職転生』が待望のアニメ化です。私自身、昔はなろうを結構読んでいて今作も勿論知っています。ただ大分前なのでほぼ初見のつもりで(笑)

また数々の作品がアニメ化する中、なろうの総合累計ランキングを5年間守り続けたビックタイトルなだけにアニメ制作陣も気合が入っています。制作会社のスタジオバインド。聞いたことないな~と思って調べたところ、『無職転生』を制作するためだけにWHITE FOXEGG FIRMが共同出資し新たに設立したスタジオということだったのです!!そんなことあるんや……本気が伝わってきますね。PVのクオリティも高く、先行配信の評判も良いようなので非常に楽しみです。

 

<公式サイト>

TVアニメ「無職転生 ~異世界行ったら本気だす」公式サイト

 

<PV>

TVアニメ『無職転生 ~異世界行ったら本気だす~』PV第3弾/2021年1月10日放送開始・毎週日曜24:00TOKYO MXほか - YouTube

 

<『無職転生』を観るなら>

dアニメストア

U-NEXT

 

ワンダーエッグ・プライオリティ』

f:id:subculhassin:20210102042956j:plain

©WEP PROJECT

作品情報

原案・脚本 野島伸司

監督 若林信

キャラクターデザイン 高橋沙妃

アニメーション制作 CloverWorks

 

ひとこと

ドラマ畑の脚本家・野島伸司原案、脚本を手掛ける完全オリジナルアニメ作品。今期で最も読めない作品ですね~。ストーリーもほぼ明かされず、4人の少女の物語とだけ分かっています。ただ彼の作風的に平和な話にはなりそうに無いですね……(笑)PVの作画は綺麗ですが、CloverWorksが今期3作品(ホリミヤ、約ネバ)掛け持ちなのでどこまで粘れるかといったところですね。

 

<公式サイト>

TVアニメ「ワンダーエッグ・プライオリティ」公式サイト

 

<PV>

完全新作オリジナルTVアニメーション「ワンダーエッグ・プライオリティ」第1弾PV - YouTube

 

<『ワンダーエッグ・プライオリティ』を観るなら>

dアニメストア

U-NEXT

 

弱キャラ友崎くん

f:id:subculhassin:20210102053526j:plain

©屋久ユウキ小学館/「弱キャラ友崎くん」製作委員会

作品情報

原作 屋久ユウキ小学館ガガガ文庫刊)

監督 柳伸亮

シリーズ構成 志茂文彦

キャラクター原案 フライ

キャラクターデザイン 矢野茜

アニメーション制作 project No.9

 

ひとこと

今期のラブコメ枠ですね。原作の方も全部は追えていませんが読んでいます。昨今ライトノベルではラブコメが一つのブームとなっています。その先陣ともいえる作品なのではないでしょうか。王道学園ものが好きな方にはハマると思います。

 

<公式サイト>

TVアニメ「弱キャラ友崎くん」公式サイト

 

<PV>

TVアニメ「弱キャラ友崎くん」本PV - YouTube

 

<『弱キャラ友崎くん』を観るなら>

dアニメストア

U-NEXT

 

まとめ

以上3タイトルを紹介させていただきました。

観やすさを重視して新作のみを挙げましたが、前期から継続のひぐらし、呪術廻戦。続編のリゼロ、転スラ、ゆるキャン△とビックタイトルが数多くある冬アニメ。

今から放送が待ち遠しいですね。

 

 

Amazon初売り>

 

【神様になった日】第12話(最終話)感想

今回は『神様になった日』第12話の感想です。

遂に最終回、終わりましたね。

陽太とひなの運命は果たして……。

 

※この記事はネタバレを含みます。

 

f:id:subculhassin:20201227023225j:plain

©VISUAL ARTS / Key / 「神様になった日」Project

目次

第12話あらすじ

《きみが選ぶ日》

 

潜入が発覚し、施設から退去することになった陽太。
司波からひなが別の施設に移ることを告げられ、何とか頼み込んでひなと過ごす最後の時間をもらう。
「一緒に過ごしたあの夏」の思い出話をしながら、陽太は「一緒に暮らしたい?」とひなに問いかけ――。


©VISUAL ARTS / Key / 「神様になった日」Project

 

別れ、そして選択

司波さんに嘘の報告書がバレて退去を命じられる陽太。

ひなが海外の施設に移ると告げられ、あと半日だけでもいいから一緒にいさせてほしいと土下座して頼み込む。

最後に貰ったわずかな時間。

一緒にゲームをしながらひなに語りかける。

陽太が描いたみんなの似顔絵。

諦めかけていた陽太だったが、ひなが突然、そ…ら…と名前を当てる。

微かに記憶を取り戻した?

しかし陽太の名前は出てこない……。そのまま時間切れで連行される。

 

外に出て、司波さんに抱きかかえられたひな。

陽太、もう野放しにしていいのね。

別れの挨拶をする。

これで最後と思いきや突然、似顔絵を見ながら陽太が足らないと叫ぶひな。

なるほど……だから投げ捨てていたと。

司波さんから飛び降り、一歩一歩、歩き始める。

ひなにはあのときの好きという感情が残っていた。

抱き合い、思いを伝え合う。

AIRを彷彿とさせるシーンでした。

 

帰ってきた日常

無事二人で家に帰ることができ、いつものメンバーとも再会。

伊座並さんが眩しい……。天願さんは完全に金づる。

出会ったとき以来のバスケ。何度も何度も挑戦し成功。

かつての修道服姿に着替え、映画の撮影をする。

よく歩けるな……。

 

車椅子にひなを連れ山梨の夜景を眺める。

既視感がありますね……。

ひなの笑顔を見て、陽太は大学を受け直すことを決意する。

研究者になってひなを助けたい。

AB観て医者を志し、実際になった人のことを思い出しました。

 

映画の撮影がクランクアップし、時は流れみんなで上映会。

劇中映画のタイトルはまさかの「Karma」!!

元ネタなのは知ってましたけどそのまま使ってくるとは(笑)

説明のつかない災害、世界の綻び。

CGにしてもクオリティ高すぎるな(笑)

映画のクライマックス、Karmaのアレンジbgmも流れ出す。

良い思い出、そうひなも思ってくれていたら願う陽太。

最後にかつてのひなが残していたメイキング映像。

第1話冒頭のモノローグはこのシーンでした。

この思い出だけは永遠の宝物じゃ!!

その言葉に号泣する陽太。

 

そのままひなの車椅子を押す陽太の描写でED「宝物になった日」へ。

 

まとめ

陽太はひなと二人で生きていくことを決意して終わりを告げた第12話(最終話)でした。

ハッピーエンドとは言えないオープンエンド的な結末でしょうか。

不治の病と言われたロゴス症候群のことを考えると先は長くないでしょう。

それ以前に今、僅かではあるけども喋ったり歩いたりしているのは奇跡という理屈なんでしょうかね。

 

作画や音楽周りの演出補正があるかもしれませんが、最終話の単体の構成は悪くなかったと思いました。

ただそれまでの過程、キャラの掘り下げの浅さによる感情移入の難しさだったり、大きく広げた設定を活かしきれていなかったのではないかなと感じました。

しかしそれでも最後まで作り上げてくれた麻枝准さん、P.A.WORKS制作陣、関係者の皆様本当にお疲れさまでした。

 

 

<参考文献・関連リンク>

kamisama-day.jp

 

 

<BDはこちら>

 

【ひぐらしのなく頃に業】第13話 感想

今回は『ひぐらしのなく頃に業』第13話の感想です。

いや~面白かったですね~。まずこう言いたくなるほどの展開でした。

正直、訳が分からないんですけどね。

考察班よろしくお願いします(笑)

 

※この記事はネタバレを含みます。

 

f:id:subculhassin:20201225022228j:plain

©2020竜騎士07ひぐらしのなく頃に製作委員会

目次

第13話あらすじ

《祟騙し編 其の伍》

 

沙都子を救うため、ダム計画から続く北条家との因縁を精算し、雛見沢村が鬼ヶ淵死守同盟として団結する。
しかし、そんな圭一たちの前に大石が現れ──。

 

©2020竜騎士07ひぐらしのなく頃に製作委員会

 

雛見沢大号令

村長から学校で自治係の人から拒否の連絡がきたと伝えられる。

 

児童相談所に向かうと何百人という人数が集まっていた。

雛見沢だけでなく興宮からも動員が掛かっているようだった。

鬼婆の本気の号令強すぎる(笑)

 

一方、所内では気の弱そうな所長が出張で逃げようとする。

係長からダム戦争の流血沙汰のことを聞くとすぐ取り消す(笑)

絶対に入れるなと忠告する。

 

そろそろ入ろうかというときにやってきたのは大石蔵人

役所の敷地内を特定の目的で占有するのは禁止、無届集会がアウト、市の条例などを指摘される。ごもっともですねぇ。

公務執行妨害脅しはどこでも使われるんやなぁ(笑)

詩音(狂犬)の顔よ……。

 

大石により、またも窮地に立たされる圭一たち。

やれることは全てやっている。そう信じてる。これは魅音の言葉、必ず追い風が吹く。と励ます梨花ちゃん。

もう何でも喋るな(笑)

 

大石が圭一に花を持たせるとか話していると園崎県議が御出でになる。

間に入る大石だが弁護士の説明によりあっさり通す。

弁護士最強!!それにしても県議、ヤクザすぎる(笑)

これも全て鬼婆の口利きによるもの。

圭一は

「キスしてやりたい気分だぜ!!」

とまで言い出す。流石にキツイやろ(笑)

みんなからの声援を受けついに役所のなかへ。

 

所長は業務終了まで隠れるという。

そこで本庁の市長から電話が入る。

なんとそれを動かしていたのも鬼婆、わざわざ突撃していた。

もう権力が強大すぎて……。

 

市長から言われるがまま、所長は圭一たちに頭を下げ、すぐに北条家へ向かうように係長に命令する。無能やなぁ。

外に出ると大石が待ち構える。

邪魔をするかと思いきや係長を北条家に送り届けると言う。

なんか裏がありそうではあるんだよなぁ……。

またもや梨花ちゃんの勝利宣言!!

 

平和な綿流し祭

その夜、圭一に沙都子から一本の電話が。

耐えることが強さだと思っていた、でも圭一たちが気づかせてくれた。そして勇気を出して助けてと叫ぶことができたと告白。

鉄平は大石に取り押さえられて連行されたと言う。

これでついに一件落着か……。

 

1983年(昭和58年)6月19日(日)

綿流し祭当日。

ここまで祭りの話が出てこなかったルートも珍しいですよね。

おっとここで沙都子のシャワーシーン。

ただのサービスショットではなくて痣や傷一つない身体を見せるためのもののような感じがします。

やはり虐待の事実はないのか?……

新しい白い服可愛い。向かいに来た梨花ちゃんも可愛い。

 

ついに全員が揃ったいつものメンバー。

百合に興奮するレナ(笑)

この当たり前の風景が戻ってきて良かった……私も思います……。

祭りの屋台、出し物を楽しむ一同。

このまま終わってくれ…そう願っていました。

 

まさかまさかの急転直下

赤面する沙都子に呼び出される圭一。

自分のために必死に動いてくれた圭一に感謝を伝える。

ご迷惑ついでに”にーにー”と呼びたいとお願いする。

なんか二人ともかわいい(笑)

 

圭一は悟史が大切にしていたものを渡したいと言われ、沙都子の家に行く。

暗い部屋、嫌な予感。

電気をつけた圭一にいきなり金属バットが襲い掛かる。

その正体は逮捕されたはずの鉄平だった。

止めを刺そうと襲い掛かるも圭一の反撃。

相変わらず頑丈すぎる(笑)

何回も頭をぶん殴られ倒れる。

圭一もやがて意識を失う。

 

季節が移り変わり草葉が生い茂る秋の雛見沢。

圭一は入院していた。

そこに訪問したのは大石に同行していた熊谷刑事。

綿流しの夜のことを思い出そうとすると酷い頭痛に冒される圭一。

 

外のベンチ、次はレナが訪れた。

圭一はあの夜一体何があったのか教えてくれと頼む。

圭一は沙都子の家に行ってて幸運だったと思う。

綿流しの後、古手神社の境内で大石さんがやってきて……拳銃を……。

魅音も詩音も梨花ちゃんも沙都子もみんな死んじゃった……。

「意味が分かんないよ!!」

代弁してくれてありがとう(笑)

 

まとめ

本当に意味が分からないまま終わりを告げた第13話でした。

Aパートから中盤にかけて希望に満ち溢れ、ついにゴールにたどり着いたかと思ったところで終わらせてくれないのがひぐらし……鬼畜すぎる。

最後まで怪しさ抜群だったのは沙都子ですよね~。

家に圭一を呼び出した理由は何だったのでしょう。あの鉄平が幻覚だった可能性もありますしね。

そしてラスト、レナのシーン。普通に鳥肌立ったよ。

あの言い方だとまだ大石が拳銃で皆殺しにしたとは限らないですよね。

レナの幻覚、妄想の可能性もありますし。

謎は深まるばかり、次回は来年、猫騙し編です。

 

 

<参考文献・関連リンク>

higurashianime.com

 

 

<BDはこちら>