2次元は世界を救う

サブカルチャー/ライトノベル関連/アニメ、音楽、一般小説、の感想レビュー/たまに野球など気ままにやっていきます。

【無職転生 〜異世界行ったら本気だす〜】第8話 感想

今回は『無職転生 〜異世界行ったら本気だす〜』第8話の感想です。

日常回から一気に不穏な予感が……。

まさにサブタイ通りの展開に注目です。

 

※この記事はネタバレを含みます。

 

f:id:subculhassin:20210301005757j:plain

©理不尽な孫の手/MFブックス/「無職転生」製作委員会

目次

第8話あらすじ

《ターニングポイント1》

 

ルーデウスボレアス家に来て3年が経ち、エリスたちはルーデウスの10歳の誕生日を祝うためにこっそりとパーティーの準備を進めていた。ルーデウスはエリスたちのサプライズに気づきながらも知らないふり。そんな穏やかな日々に、ルーデウスは幸せを感じていた。そして誕生日当日、ルーデウスの自室には意外な人物の姿が…!?


©理不尽な孫の手/MFブックス/「無職転生」製作委員会

 

ネタバレ感想

開幕からいきなり下品な……。

そこで自身の成長を再確認するな(笑)

エリスの10歳のパーティーからもう二年。

このアニメはどんどん時が進んでいきますね。

前回のラストで見た空に浮かぶ謎の球体。

これが何かの引き金になるのでしょうか。

 

雨降る静かな街のOP明け。

ルディの誕生日パーティーの準備をするエリスたちの姿が描かれていきます。

サプライズでやっているようですがバレバレ。

ギレーヌも誤魔化す素振りを見せるがめっちゃ下手(笑)

反応が相変わらずメインヒロインだなぁ。

尻の筋肉はカッチカチやけど。

 

いざ食堂に入ってサプライズパーティー

屋敷内だけでこんなに人いるんだね。

エリスからは大きな花束が渡され、感激の涙……。

まぁ嘘泣きなんだけど、それにしても上手すぎるだろ。

サウロスには効果バツグン。

なんと嫌われていたであろうヒルダにも抱きしめられる。

この追い出されるギャグ演出いいね(笑)

 

パーティーが終わりルディとフィリップだけが残る。

フィリップには二人に息子がいた。

しかし権力闘争に負け王都にいる兄に取られた。

そういう伝統。ヒルダがルディを嫌っていたのはそういう理由からだったようです。

またパウロがなんかやらかしてたのかと思ってた(笑)

フィリップはまだ諦めていない様子。

エリスルートを選択すると権力闘争に巻き込まれると…。

 

自室へ戻るとエリスの姿が。

早速手を出すのか……襲い掛かろうとするも我に返る。

しかしちょっとだけのOKを貰いまた我を忘れ……。

案の定、エリスに突き飛ばされるオチ。

これだからDTは……。言葉が重い。

それにしてもエリス丸くなったなぁ。

 

ブエナ村の現在。

魔物が活発になり狩りに出されるパウロ

久しぶりのシルフィ~~。

若干声が大人っぽくなってるのが分かる。

流石かやのんの演技力です。

リーリャ、それはまさか御神体……!!

 

パウロ、そしてロキシーも空に異変を感じる。

ここからは続々と新キャラお披露目。

赤竜に相対するのは白髪の男、オルステッド

ツダケンかっけぇなぁ。

アホっぽいけど強そうな幼女、魔界大帝キシリカ・キシリス。

どっかの国王っぽいキャラ、甲龍王ペルギウス。

その部下か、アルマンフィ。

みんなラスボス感漂いますねぇ。

 

一方、ルディはエリスから貰った杖、アクアハーティアを試すため遠くの丘に来ていた。

試し打ちを経て、いざ水聖級魔術を詠唱するも空の様子がおかしい。

すると急に光線のような斬撃が飛んでくる。

先ほどのアルマンフィとギレーヌの戦闘。

迫力満点で文句なしですね。

空の異変をルディの仕業と勘違いしていた様子。

誤解は解けたから一件落着と一息つく暇もなく、空から水色の光の奔流が!!

ルディとエリスは光の中へ…………。

 

まとめ

待ちに待ったターニングポイント、第8話でした。

とにかく情報量が多すぎて何が何だか(笑)

やはり例の球体が空の異変を引き起こしたようです。

果たして各新キャラは味方なのか敵なのか。

続きが気になります。

 

 

<参考文献・関連リンク>

mushokutensei.jp

 

 

<『無職転生』を観るなら>

dアニメストア

U-NEXT

 

 

<BD第1巻はこちら>

 

【無職転生 〜異世界行ったら本気だす〜】第7話 感想

今回は『無職転生 〜異世界行ったら本気だす〜』第7話の感想です。

前回に引き続き日常回ではあるんですが、濃い。

早速振り返っていきます。

 

※この記事はネタバレを含みます。

 

f:id:subculhassin:20210222024018j:plain

©理不尽な孫の手/MFブックス/「無職転生」製作委員会

目次

第7話あらすじ

《努力の先にあるもの》

 

10歳の誕生日を迎えるエリス。その日には盛大なパーティーが開かれる予定だが、エリスはダンスが大の苦手。そんな彼女のために、ルーデウスは練習に付き合う。その甲斐あってエリスは次第に上達していく。そして誕生日当日が近づくある日、ルーデウスのもとにロキシーから手紙が届き…。

 

©理不尽な孫の手/MFブックス/「無職転生」製作委員会

 

ネタバレ感想

雪が積もる寒々しい風景。季節は廻り冬になったようです。

冒頭いきなり凄まじい戦闘描写。

もう作画は言うことありません。

ギレーヌからもう少しで上級剣士になれると言われ、はしゃぐエリス。

しかし、算術の方はさっぱり。

四則演算くらいは出来ないとねぇ。

相変わらず、奥さんに嫌われているルディ。

変態が悟られているのかしら。

 

エリスのダンス指導に時間を譲ったため時間が出来たルディ。

他の言語を学ぼうと励む。

獣神語に闘神語、魔神語沢山あるねぇ。

 

ダンスが苦手で逃げだしてしまったエリスを急遽説得しに行くことに。

いつもの場所で寝ていたエリス、これまたいつものように顔面蹴り。ひでぇ(笑)

上手くできないことを何故やらなければならないのかと嘆く。

前世ではそうやって逃げてきたから気持ちがわかるルディ。

そして後悔することも知っている。

苦手なことほど一生懸命頑張って出来るようになったときの達成感は凄い。

上手い説得だなぁ。素直じゃないエリスはまた殴る。

 

ある日、ロキシーから手紙の返事が届く。

やっぱり好きだなぁ。現時点で圧倒的推しです(笑)

クソ王子、まさかルディが売ったフィギュアを買ってくるとは。

ロキシーの引き顔がガチ。

しかし金貨一枚10万円、もうそっちで生きていけるぞルーデウス

ロキシーから届いたのは直筆の魔神語教科書。

いい師匠だなぁ。

 

ついにエリスの誕生日、ダンスパーティー当日。

出てきた一人の少年と踊るもテンポが速くてコケてしまう。

すると非難の声が喧騒の中聞こえてくる。

ルディは見ていられずエリスの前へ出る。

しかしそれでも緊張のせいで練習通り踊れない。

 

ここの回収は本当に見事でした。

剣術の授業でのフェイントを応用。

ステップが鋭すぎたエリスのタイミングをずらしてみるとあら不思議。

冒頭の描写がここで活きるわけですね。

 

ダンスのおかげでルディモテ期到来。

8歳の子供に避妊とか言うなフィリップ(笑)

 

その夜、エリスとギレーヌに杖を贈るルディ。

素直に感謝を述べて微笑むギレーヌ、今週も可愛いなおい。

ギレーヌの真似するところはいいよエリスも。

そして地味にパウロのクズネタが挟まれる。登場しなくても下がる株……(笑)

 

朝目覚めるとエリスが真横で寝ていた。

いつものようにいたずらしようとするが杖を握って眠る姿を見て降参。

流石に良心があったようで。

 

外に出て塔に入ると朝っぱらから卑猥な声が響く。

そこにはサウロスと猫耳メイドちゃん。

いつもと様子が違う、賢者モードだろうか(笑)

見つめる先には空に浮かんだ珠。

悪いものではないというが、嫌な予感しかしないのは私だけだろうか。

 

まとめ

誕生日ダンスパーティーまでを描いた第7話でした。

戦闘描写とダンス描写の対比は本当に素晴らしかったですね~。

来週はいよいよターニングポイント。

遂に物語が動き出してきます。

 

 

<参考文献・関連リンク>

mushokutensei.jp

 

 

<『無職転生』を観るなら>

dアニメストア

U-NEXT

 

 

<BD第1巻はこちら>

 

【無職転生 〜異世界行ったら本気だす〜】第6話 感想

今回は『無職転生 〜異世界行ったら本気だす〜』第6話の感想です。

エリスと共にガチ誘拐されたことが結果的に上手くいき、家庭教師として就くことを許された前回。

暴力系ヒロインとの日常が描かれていきます。

 

※この記事はネタバレを含みます。

 

f:id:subculhassin:20210215022229j:plain

©理不尽な孫の手/MFブックス/「無職転生」製作委員会

目次

第6話あらすじ

《ロアの休日》

 

誘拐事件が幕を閉じ、正式にエリスの家庭教師として働くことになったルーデウス。エリスとギレーヌに算術や魔術を教える傍ら、ギレーヌから剣術を教わるというハードながらも平穏で充実した毎日が続いていた。しかしある日、休みのない授業のストレスでエリスが再び狂暴になってしまい……。

 

©理不尽な孫の手/MFブックス/「無職転生」製作委員会

 

ネタバレ感想

フィリップとチェスをしているところから始まる。

まあなんともグレイラット家は個性が強いこと。

エリスの凶暴性は祖父からの血筋か。

不意打ちのツインテール、ニャんは可愛かったけど(笑)

ルディには刺さらなかったらしい。

 

OP中で気になったのはロキシーフィギュア。

クオリティ高すぎ、普通に欲しい。

 

エリスの家庭教師をするルディ。

しかし魔術を除く読み書き、算術のやる気を全く出さない様子。

逃げ出して寝ていたエリスの胸を触ったり、パンツを脱がせようとする。

パウロの息子だから……いや事案。これは殴られても残当

 

一方、ギレーヌの剣術の授業。

木刀での打ち合い。

流石の作画、演出。これくらいは序の口ですね。

エリスは剣の才能はあるみたい。

 

毎日、家庭教師をしつつ剣術を習う多忙な日々。

明日の授業の教材も作らないと…。

前世は34歳ニート。お金を稼ぐことの大変さをようやく知る。

今はシルフィと魔法大学に行くという目標があるから頑張れる。

人生何かしら目標があるのは大切ですね。

 

時が経ち、最近大人しかったエリスが苛立ちを覚える。

サブタイトル通りのロアの休日。

馬子にも衣裳、まぁ可愛いけど殴らないで。

イイ感じの中世ヨーロッパの街並み、背景美術が素晴らしい。

しかし媚薬ネタ、アニオリらしいですね。なんかの伏線?(笑)

お嬢様、なんで買ってきた…100万円の媚薬がぁぁぁ。

 

まとめ

飛ばしてきた今作も流石に休憩回、第6話でした。

個人的にはこういう設定説明がある日常回割と好きなんですけどね(笑)

作画的にもグロス回、しかしクオリティは保てています。

ターニングポイントまで残り数話、待ち遠しいです。

 

 

<参考文献・関連リンク>

mushokutensei.jp

 

 

<『無職転生』を観るなら>

dアニメストア

U-NEXT

 

 

<BD第1巻はこちら>

 

【無職転生 〜異世界行ったら本気だす〜】第3話~第5話 感想

お久しぶりです。湊です。

ここ最近、忙しく投稿が随分と止まってしまいました。

なんか書くの久々なので普段から更に拙い文章になるかと思いますが、ご容赦下さい(笑)

 

今回は『無職転生 〜異世界行ったら本気だす〜』第3話~第5話の感想です。

3話分あるのでいつもより簡潔にやっていこうと思います。

 

※この記事はネタバレを含みます。

 

目次

第3話

f:id:subculhassin:20210211021921j:plain

©理不尽な孫の手/MFブックス/「無職転生」製作委員会

シルフィ初登場回

第2話でロキシーによって外に出れるようになったルディ。

村を一人歩いているといじめを目撃する。

いじめられていた前世の苦い記憶を思い出しながらも魔法を使って助ける。

黄緑色の髪を持つエルフの美少女、シルフィ。

魔術に興味を持ち、ルディに教わりながら仲良くなっていく。

そしてお決まりの性別勘違いイベント発生。

途中で絶対気づくだろっていつも思う(笑)

 

父としての威厳

家に帰ると外で待っていたパウロ

ルディの説明を聞かず頭ごなしに怒って、手まで上げてしまう。

パウロも20歳そこらだからなぁ。まだまだ未熟なところがありますね。

正義を持った34歳ニートの口論に勝てるはずもなく完敗。

 

その後、しっかりパウロ視点を入れたのは流石。

どうしてこうなったと嘆くパウロ

シルフィと仲直りしたいルディに女の子を落とす方法を伝授。

ホント何教えてんだ(笑)

 

第4話

f:id:subculhassin:20210213024042j:plain

©理不尽な孫の手/MFブックス/「無職転生」製作委員会

パウロお前って奴は・・・

言わずもがな冒頭から胸糞展開で笑っちゃいました。

家族が増えた!!おめでとう!!からの転落。

OPが本編入れ込みなんでね、この最悪な状況と全く合っていないところがまた(笑)

ルディはリーリャに御神体を黙認してくれている恩を返すためゼニスを説得する。

全ての責任をパウロに押し付ける。正解!!

ほんとこんな可愛い嫁貰って不倫するとかありえん。

まあルディの前世のクズさとのバランス調整なんでしょうけど。

 

リーリャの独白。

ドアを開けっぱなしにしパウロを誘惑したのは自分。

しかしルディによって許された。

今までは気味が悪く避けてきたが、これを機に忠誠を誓うのだった。

 

第5話

f:id:subculhassin:20210213030948j:plain

©理不尽な孫の手/MFブックス/「無職転生」製作委員会

暴力系ヒロイン・エリス

シルフィと魔法大学へ行くための学費を稼ぐため家庭教師としてロアに送られたルディ。

5年間とは…他人には厳しいなパウロ

ルディの教える相手、それが赤髪の美少女エリス。

噂には聞いてましたが、想像以上に暴力的でした(笑)

呼吸するように殴ってくるよこの子、第一印象は最悪ですね。

 

エリスを躾けるための拉致監禁芝居かと思いきやガチでされる展開。

これちょっと使用人にも同情してしまいました。

真面目なこと言うなら暴力娘を放置した親が悪いよね。

まぁ今後、ルディと共に彼女の成長も見られるんでしょう。

 

エリスを助けるため魔術で誘拐犯と相対するルディ。

勝ちを確信したその隙に剣を投げられ絶体絶命のピンチ。

2人を助けたのは剣王ギレーヌ。

音響といい演出カッコよすぎ。

この瞬間にルディが初めて死を意識したことを表現しているんですよね。

 

まとめ

以上、3話まとめての感想でした。

何回も言うようですが、内容だけ見ればテンプレなんですけど本当に何においてもクオリティが高い。

私自身も久々に円盤購入を検討するレベル。

もう何も心配はいらないかな。

 

 

<参考文献・関連リンク>

mushokutensei.jp

 

 

<『無職転生』を観るなら>

dアニメストア

U-NEXT

 

 

<BD第1巻はこちら>

 

【無職転生 〜異世界行ったら本気だす〜】第2話 感想

今回は『無職転生 〜異世界行ったら本気だす〜』第2話の感想です。

なろうの最終兵器とも呼ばれた今作品。

第1話は素晴らしいアニメーションで完璧な仕上がりを見せてくれました。

ますます期待が高まる注目の第2話、振り返っていきます。

 

※この記事はネタバレを含みます。

 

f:id:subculhassin:20210118013553j:plain

©理不尽な孫の手/MFブックス/「無職転生」製作委員会

目次

第2話あらすじ

《師匠》

 

3歳という幼さで魔術の才を見せたルーデウスに、家庭教師が付くことになった。不愛想でジト目のロリっ娘なロキシー師匠による魔術の授業で、めきめきと成長するルーデウス。そして月日が流れ、ルーデウスロキシーにある試験を課される。しかし、その試験のためにはルーデウスは前世のトラウマを乗り越える必要があった。

 

©理不尽な孫の手/MFブックス/「無職転生」製作委員会

 

転生に至るまで

両親の葬式には一つの空席が。

喪服姿の兄弟姉妹に部屋に乱入され、家から追い出される主人公。老けてんなぁ。

出てけクズニート!!

ギリギリを攻めてますね~。

これただのエロ動画見てたわけじゃないんですよ、そりゃキレるわって思います(詳しくはなろうへ)。

 

行くあてもなくふらふら歩いていると言い争う高校生3人。

赤信号、しかしそこに突っ込むトラック。

それを助けようとして轢かれてしまう。

どれほどのクズでも最期くらいは…という思いがある。嫌いになれないところですよね。

 

夢から覚め、親のアレを茶化しにいこうとするルディ。

そこでなんとロキシーさん?!

まさか開幕2分で2人のオ〇ニーを観るとは思いませんでした(笑)

 

ロキシー師匠との日々

流れるように月日は進んでいきます。

ロキシーが来て半年。

中級までの攻撃魔術をあっさりと習得する。

夜の座学、パンツガン見すな。

忌み嫌われている緑髪のスペルド族の話を聞く。

光の加減で緑に見えなくもないロキシーの髪。

魔族も大変だ。

エロゲースキルが意外に有効なロキシー、ちょろい。

 

ロキシーが来て1年。

魔術の授業は順調、剣術の方はイマイチ。

 

ロキシーが来て1年半。

ルディ5歳の誕生日パーティー

美味そう……飯テロだぁ。

誕生日を祝われる喜びを久々に感じるルディ。

ニートに限らず歳とるとそうだよね~。

パウロからのプレゼントは剣、ゼニスからは本、ロキシーからはロッド。

謙虚に受け取るルディ。

ほんとロキシーの笑顔が愛おしい……。

 

前世のトラウマと向き合う時

外を見るとすぐにでも蘇るあの日の記憶。

全裸で校門に磔にされ、写真を撮られバラまかれた。

気づいたら不登校になり引きこもっていた。

外にはあの絶望が待っている。

 

それは転生しても変わらない。

これをしっかり描写するのは流石ですね。

本来当たり前なんですけど今までこれを出来る作品は少なかったです。

 

馬が怖いんじゃない、外が怖い。

かつての記憶がフラッシュバックする。

こっちを見るな、いや、俺じゃない。みんな、ロキシーを見ていた。

ロキシーはこの2年で村に馴染んでいた。髪で偏見を持たれていただろうに。

彼女がとても頼もしく見えた。

俺は何を恐れていたんだ。と思い始めるルディ。

ロキシーによって外を克服する第一歩を踏み出したのだった。

 

ロキシーとの別れ

そして大きな草原にたどり着き、卒業試験。

ここはもう完全にアニメーションの暴力。

嵐の再現性高すぎるでしょ。

 

翌日、身支度を整え家を出ていくロキシー

卒業祝いにミグルド族のお守りを貰う。

ロキシーの背中を追いかけお礼を言うルディ。

彼女が外に連れ出してくれた。

尊敬しようと心に誓うのだった。

 

まとめ

オチ以外は完璧な第2話でした。

と思ったらじゃないよ!!私の涙返して(笑)

まぁでも本当に気合入ってますね制作陣。

構成も新規ファンをなるべく離さないように工夫が所々になされており、どこまでも丁寧に作られています。

EDの作画も綺麗すぎ。

ただロキシーが暫く出てこなさそうなのがちょっと寂しいですね。

 

 

<参考文献・関連リンク>

mushokutensei.jp

 

 

<『無職転生』を観るなら>

dアニメストア

U-NEXT

 

 

<BD第1巻はこちら>

 

【ひぐらしのなく頃に業】第15話 感想

今回は『ひぐらしのなく頃に業』第15話の感想です。

羽入を失った梨花ちゃんがあと5回だけ頑張ると決めた前回。

不穏な予感しかしませんでしたが案の定……。

軽くトラウマになる回かもしれません。

 

※この記事はネタバレを含みます。

 

f:id:subculhassin:20210115021928j:plain

©2020竜騎士07ひぐらしのなく頃に製作委員会

目次

第15話あらすじ

猫騙し編 其の弐》

 

あと5回だけ、惨劇の運命に立ち向かうことを決めた梨花
次の世界で、部活のメンバーとともに興宮のおもちゃ屋を訪れた梨花は、懐かしい人物との再会を果たす。

 

©2020竜騎士07ひぐらしのなく頃に製作委員会

 

ネタバレ感想

今週は端折って書かせていただきます。

最近少し立て込んでおりまして……(あまり見返したくないというのもある)。

 
1983年(昭和58年)6月13日(月)12時41分

テレビ画面での日付表示。前回でもありましたね。

圭一は魅音たちから綿流し実行委員の仕事、叩き売りオークションの司会を頼まれる。

かつてゲーム大会の会場になった店に行き物品を貰いに行く。

偶然大石と出くわし、燕返しを披露してもらう。

そこで赤坂登場!!

と言っても私は初見なので分からないんですが、、、旧作ファンの反応を見ると救世主的な人物であったことが窺えます。

昭和53年6月19日

5年前に約束した梨花の願いを叶えるべく、雛見沢にやってきた様子。

イイ人なんだろうな……。

 

とはいかず、発症してしまいます。

それにしても切り替えの仕方よ……急すぎて心臓止まるよ?

梨花を人質に立てこもり、そのまま放火。

病気だと分かっていても人間不信になっちゃうね。

 

怒涛の惨殺ダイジェスト

1983年(昭和58年)6月15日(水)午後9時46分

園崎茜発症。日本刀を振り回し園崎家と梨花を殺害。


1983年(昭和58年)6月21日(火)午後1時39分

公由喜一郎発症。梨花ちゃんを縄で引きずり沼に沈め溺死させる。

本当に口臭いのかな。

 

1983年(昭和58年)6月13日(月)4時14分

圭一発症。エンジェルモートに立てこもり皆殺し。

沙都子はうつ伏せになってはいるけど出血が明らかに少ないし生きてそう。

 

まとめ

本当にグロすぎる、辛い第15話でした。

話によると地上波放送の方は黒塗り規制が掛かっていたようですね。

配信で観るんじゃなかった……気を付けてください(笑)

それにしてもあと5回とフラグを立てて翌週で一気に4回失敗するとは思わんでしょ……。マジでクソゲー、流石に驚きましたね。

これを無事に回収できるのか、希望の光は差すのか、全く読めません。

 

 

<参考文献・関連リンク>

higurashianime.com

 

 

<『ひぐらしのなく頃に業』を観るなら>

dアニメストア

U-NEXT

 

 

<BDはこちら>

 

【無職転生 〜異世界行ったら本気だす〜】第1話 感想

今回は『無職転生 〜異世界行ったら本気だす〜』第1話の感想です。

新作アニメのなかでは個人的に最も期待していた作品の一つであった『無職転生』。

PVの時点でもう察してはいましたが素晴らしい!!

早速内容に触れていきたいと思います。

 

※この記事はネタバレを含みます。

 

f:id:subculhassin:20210111011927j:plain

©理不尽な孫の手/MFブックス/「無職転生」製作委員会

目次

第1話あらすじ

無職転生

 

34歳・童貞・無職の引きこもりだった男は車に撥ねられ、その一生を終える……はずだった。しかし、男が次に目を覚ましたとき、そこは剣と魔法の異世界であった。少年・ルーデウスとして転生した男は考える、この世界ならば、自分も本気で生きていくことができるかもしれない……と。

 

©理不尽な孫の手/MFブックス/「無職転生」製作委員会

 

圧倒的cv杉田智和

白抜きテロップに救急車のサイレンから始まる不穏な幕開け。

もうこの構成から引き込まれます。

ただ起こっていることは典型的なトラックに轢かれての異世界転生なんですよね。

しかしそれを全く退屈にさせないのが杉田さんのモノローグ。

冷静なツッコミや解説がなんかわからないけど面白い。

まあもうこれ反則ですよね。独白やらせたら日本一ですもの。

 

34歳童貞無職引きこもりニート……という設定も相まってクズ発言(下ネタなど)が多いですね。

でも何故かそんなに気にならないんですよね~、私だけかな。

おい、でもパンツ被るのはやめろ(笑)

メイドさんに不審に思われてるぞ。

 

PVから続く繊細なアニメーション

もう観れば分かりますね。

異世界の風景描写、家の中の小道具、魔法のエフェクト演出。

どれをとっても素晴らしい。

実はこれを作っている制作会社のスタジオバインド。

なんとこの『無職転生』が初制作!!

まぁあのWHITE FOXが出資してますからね。

設立理由が『無職転生』を制作するためという……まさに本気だしてます。

 

またキャラデザがいいですよね。

ルーデウス(以下ルディ)の母親のゼニス。

20代前半とか言ってたな……若すぎる、メインヒロインでええやろ。

ルディが魔法を使うことができると分かった時の笑顔……守りたい。

 

続いて青髪美少女、ロキシー先生。

ジト目いいわ~、またCV小原好美さん。可愛い、最近良く見ますね~。

あんまり感情入ってないローテンションなのが良き。

エロゲ知識をあっさり正解にしてしまうチョロさもまた。

思いがけず、もてなされて喜ぶ姿がたまらない。

 

綺麗な掴みの第1話

話としてはロキシーに出会うところまで進みました。

私自身、原作は昔なろうで少し読んだだけでほとんど覚えていないので正確には分かりませんが、結構早いテンポで進んだのではないかと思います。

これが功を奏した感じがしますね。

膨大に長い超大作ですから正直序盤は比較的退屈な流れになると予想されるので、上手くカットを使いつつアニメならではの構成に期待したいですね。

後々、重要な転生前のシーンとかは回想で補正されてくるものだと思います。

 

なろう系のパイオニアとも言われる今作ですが、設定として主人公最強ではないところが逆に魅力かもしれません。

前世の記憶があるというハンデはあるにしろ、この1話でも見られたように独学で本を読み努力する。

前世がどれだけダメダメな人生だったとしても、本気でこの世界ならやり直せると決意して終わる引きも良かったかなと思います。

成長系が好きな方にはハマる作品になるのではないでしょうか。

 

まとめ

期待通りに仕上げてくれた文句なしの『無職転生』第1話でした。

何度も言いますけど杉田さんは強い!!これに尽きます。

やっぱりそうですね……。

全て読んでいないのでファンとも言えないかもしれませんが、昔から知っている作品がこれだけ綺麗に映像化されるっていうのは純粋に嬉しいですね。

このクオリティを2話以降も継続してくれることを期待しています。

 


<参考文献・関連リンク>

mushokutensei.jp

 

 

<『無職転生』を観るなら>

dアニメストア

U-NEXT

 

 

<漫画版はこちら>

【期間限定 無料お試し版】