2次元は世界を救う

サブカルチャー/ライトノベル関連/アニメ、音楽、一般小説、の感想レビュー/たまに野球など気ままにやっていきます。

【ひぐらしのなく頃に業】第8話 感想

今回は『ひぐらしのなく頃に業』第8話の感想です。

綿騙し編もあっという間に完結ということで、時の流れが本当に早いです。

特にこの第8話はとても短く感じました。

 

※この記事はネタバレを含みます。

 

f:id:subculhassin:20201120202343j:plain

©2020竜騎士07ひぐらしのなく頃に製作委員会

目次

第8話あらすじ

《綿騙し編 其の四》

 

祭具殿に入ってしまったことを後悔する圭一は、鷹野や富竹のように自分も鬼隠しに遭うのではないかと怯える。
そんな中、村長に続いて新たな行方不明者が出てしまう。

 

©2020竜騎士07ひぐらしのなく頃に製作委員会

 

梨花ちゃん行方不明

1983年(昭和58年)6月20日(月

昼休み前回梨花ちゃんブチ切れから、村長の様子が気になり知恵先生に聞くもまだ見つかっていないと言う。

教室に戻り、午後の授業が始まる時間だが梨花ちゃんがいない。

沙都子から先ほど梨花と話していたと指摘される圭一。視線が怖いよ。

魅音は校舎裏で作業着の男と話しているのを目撃した言う。

 

OPカット、そのままみんなで梨花ちゃんを捜索する。

なんとも物騒な学校というか村というか(今更)。

扉が開かず不思議に思っていたところ魅音に呼ばれ屋根の上を探すも何もない。

「終わらせないといけないね」

どんな顔してんだよ!ホント怖いよ~。

梨花ちゃんが怪死事件の元凶だと訴える魅音

違いない違いない違いない違いない・・・・

はしごをガタガタする、その揺れはどんどん大きくなっていく。

その時、知恵先生が来て圭一はなんとか助かる。

来なかったらどうなってたのよ……。

 

帰り道気まずい雰囲気の魅音と圭一。

圭一は俺のせいだと祭具殿のことを打ち明けようとするが、作業着の男たちに気を取られる。

この人らは何者なんでしょう。

また完全に癒し枠のレナさんです。

 

園崎本家での一幕

帰宅後、祭具殿に侵入したことを振り返り、自室の隅っこで体育座りで怯える圭一。

恐る恐る受話器を取ると魅音からだった。

詩音か!って期待が……まあ声まで同じならしょうがないか(笑)

家に来てほしい、水車小屋で待ってると言い一方的に電話を切る。

 

水車小屋へ行き、うちでゆっくり話そうよと言われ受け入れる圭一。

さりげなく乗用車から二人を見ている描写が入る。作業服の人たちなのかな。

 

流石は園崎組の大元、広大な私有地を構えたお屋敷です。

魅音はお茶を入れて戻ってくると着物に着替えていた。

圭一は祭具殿に入ってしまったことを謝罪する。土下座まで……相当追い込まれている様子です。

誰を信じればいいのかわからない。もはやこれヒロイン圭一だろ。

 

雛見沢連続怪死事件、最初はただの偶然だったがオヤシロさまの祟りをいう大義名分を利用して人を殺す村人がいると考えている魅音

そのまま敷地内にある地下祭具殿に連れていかれる。

そこには園崎家が新たに作ったとされる拷問部屋があった。

最後に案内されたのはセーフルーム。

急に突き飛ばされ牢屋にぶち込まれる圭一。喚く圭一、こんなとこついてきてただで済まんって思わんか……。

圭一をオヤシロさまの祟りから身を守るためにと言う魅音

園崎家の次期当主として全てを終わらせる責任があると決意する。過去に沙都子の家も何かあった模様。

ゲーム大会のときの人形の感謝を告げる。それは完全にフラグ……。

警報がなり来客(敵)が来たことを確認する。拳銃を持って出ていく魅音

 

圭一は出ていこうと牢屋の鉄格子に3回ほどタックルして破壊する。いやそんなことある?ラグビー選手でも無理だろ(笑)

お屋敷にそぐわないモニターには作業服集団が映っていた。

もう一枚の扉にも何度も体当たりを繰り返すも破れず、流血して意識を失う。

警察消防が駆け付け救急車に運ばれる。呼びかける大石……。

 

聞かされる悲劇

6月某日

白抜きテロップでの日付表示。最長でも10日ほどしか経っていません。

退院した圭一は大石から事件の詳細を聞く。

地下室の古井戸の底に園崎お魎(祖母)公由喜一郎(村長)園崎詩音の遺体が見つかったという。

古手梨花は学校の便槽で死亡。便槽の扉が開かなかったことを思い出す。

魅音と沙都子は園崎本家の廊下で一緒に亡くなっていた。相討ち?

現場にある拳銃は魅音が持ち出したのとは違うものですね。また魅音の首には掻き傷がありました。

話を聞いて魅音を疑い始める圭一。EDは聴きたかったな~。

 

まとめ

謎がより深まっていく第8話でした。

それにしても人死にすぎじゃないですかね……やっぱりそういうもんですか?ひぐらしって。

ルートのラスト回ということでグロい描写を覚悟していましたが大丈夫でしたね。鬼騙しが例外だといいです(笑)

犯人は?発症者は?観測者は?魅音?詩音?と考察事項が多いひぐらし。初見でもついていけるように頑張ります。

 

 

<参考文献・関連リンク>

higurashianime.com

 

 

<漫画はこちらから>